読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イモリ飼育者、ハリネズミをCow

ただの日常を書いていこうかと。

スポンサード リンク

back number All Our Yesterdays Tour @横浜アリーナ

2017/04/09

 

back number All Our Yesterdays Tour 2017@横浜アリーナ

行ってまいりました。

久々のbknbです。

 

(∵)< なんでback numberを好きになったか

AJISAIというバンドが好きで、初めてライブみにいったんです。

そのときの対バンが、back numberでした。

そこで、back numberの歌の虜になってしまいました。

そのときのセトリがこんな感じ

 

あとのうた

海岸通り

重なり

春を歌にして

いつか忘れてしまっても

stay with me

そのドレスちょっと待った

 

順番は忘れてしまったけど。。。

"いつか忘れてしまっても"が胸に刺さりました。

そこから、back numberが好きになり、2011年から今までずっとライブに行ってます。

ええ、めっちゃファンです(笑)

 

 

 

今回は、横アリということで、私が1月まで住んでた家から徒歩3分。

いやーこんなに近いのに!!引っ越してしまったので、電車で行きました。

友達と一緒に約束していたけれど、友達と連絡が取れない・・・。

開場1時間前になっても連絡が来ないから、友達の彼氏に連絡したら

”あいつ仕事行ってるよ” とΣΣ(゚д゚lll)!!!!!!!!!

結局1週間間違えてたみたいで、ライブに来れないことが決定・・・。

いや、びっくりしました。でも友達らしくて面白かったです。

そこでTwitterで同行者募集したら、すぐに決まりました。

よかった、よかった。お金と席が無駄にならなかった。

 

ちなみにファンクラブチケットだけど、席はDの13列目でした。

アリーナじゃなかった・・・。

 

 

セットリスト

 

01 はなびら

02 高嶺の花子さん

03 003

04 そのドレスちょっと待った

05 花束

06 クリスマスソング

07 fish

08 黒い猫の歌

09 アップルパイ

10 MOTTO

11 SISTER

12 幸せ

13 助演女優症

14 恋

15 ハッピーエンド

16 君の恋人になったら

17 光の街

18 stay with me

19 繋いだ手から

20 青い春

21 スーパースターになったら

 

en1 世田谷ラブストーリー

en2 日曜日

en3 海岸通り

 

今回、プロジェクションマッピングが凄かったです。

特にはなびらのときは圧巻でした。

桜の季節にはなびらが聞けると、感無量。

 

花束、クリスマスソング、fishの流れはすごくよかったです。

黒い猫の歌では、

"上のモニターに歌詞が出るから一緒に歌って"

"俺、合図とかしないから、そんな余裕ないし"

"でも、振れるところは振るから"

と依与吏さんが言って曲が始まるが一向に振らない。

そして、最後の方にみんなで歌うところがあるのですが

そこは歌詞がでなかったです。

曲が終わるとき、依与吏さん大爆笑。

"振ったところ歌詞出ないじゃん"と。

 

幸せが久々に聞けた気がする。

幸せが流れる前に、モニターに文章が出てくるのですが

それが切なすぎて、気持ちが共感できて、歌でもないのに

涙が溢れてきました。

村田さんのキーボードとの組み合わせがほんとによかったです。

 

恋も久々に聞いた気がする。

恋を聞いたときに、ガリゲルのライブで初めて聞いたな~ということを思い出した。

大阪で作った歌なんですっていってそのとき披露してたなーとか、

ほんとはココで初披露したかったけど、先日長野で歌っちゃったとかいうMCまで覚えてて、私の記憶力すごい!と思ったところです。

 

stay with meもイントロから素敵でした。

昔は、ただただ切ない歌だなーと思ってたのですが、

結婚したからか・・・なんか昔思ってた印象と違うように聞こえて

また、それがよかったです。

"いちばん好きな人がそばにいてくれたら何もいらない"

これは、ほんとうにそうですねー。

 

日曜日が聞けたのも嬉しかったです。

結婚式のプロフィールムービーのBGMを花束と日曜日にしていたので

この2つが聞けて、本当にもう幸せでした。

 

最後の最後で海岸通り。

くると思いました。

いやーでも海岸通り〆は最高ですね。

日本武道館を思い出しました。

 

このツアーも本当によかったです。

back numberはずーっと先まで好きでいるなあ。と確信した日でした。