イモリ飼育者、ハリネズミをCow

ただの日常を書いていこうかと。

スポンサード リンク

ハリネズミ 環境

温度環境

 

ハリネズミの温度は26-28度あたりがいいとのこと

ただ、うちの子は生後2か月弱なので、28度あったほうがいいらしい

幼いときは、温度高めが理想

 

春はまだ温度変化が激しいため、こういうものがあったほうが便利と!

 暖突

こちらはケージの上につけとくと、ケージ全体を満遍なく温めることができる商品です

だから暖房をずっと入れていなくてもこれがあればOK

ただ2℃ほどしか暖かくならないため、考えて使う必要ありです

この商品コンセントの指し抜きのみで、スイッチがありません

主婦など家にいる人は、温度管理を定期的にできますが、

会社員、学生さんなどは、日中いないときに温度が急激に変わったときにどうしますか?

もし、部屋の温度が30度超えたときもこのヒーターついていることになりますよね

ハリネズミのことを考えると、居ても立っても居られない・・・

そんなときのために、、、

 

サーモスタット

 

 

ダイヤルで、温度を設定します

# 私の家では28度で設定しています

画像の右側のコードをコンセントに指します

真ん中のコードと先ほどのヒーター(暖突)を繋げます

 

画像の左のコードが温度計になっているため、設定温度(28度)を超えたら

自動で暖突を切ってくれます

また(28度)を下回ると暖突をつけてくれます

 

外出しているときなどはとても役立ちます

 

 

 

 ピタリ適温プラス

最後にこちらピタリ適温プラスも必要です

先ほどの暖突はケージ全体を温めるのに対してこちらは床に敷いてこの上のみを温める!!

ハリネズミは元々砂漠にいる生き物のため、暖かい(暑い)ところが好きなのでケージの一部に暖かい場所を作ってあげる必要があります

 

うちのぽて吉は常にこの上で寝ています

よっぽど温かくて気持ちいいのでしょう

 

寝床の半分敷くと、暑いときはピタリ適温プラスがない場所で

寒いときはピタリ適温プラスのうえで寝ています

ハリネズミが自分で温度調節してくれます


夏場になると、先ほどの暖突は必要なくなるため、サーモスタットとピタリ適温プラスを繋げておくといいです

ちなみに上記のものを常に使うと電気代が・・・と思ってるかもしれませんが

これで3桁分(数百円)で済みます

 

ハリネズミを飼うには、絶対に温度管理が必要です

ハリネズミのことを考えて、必要なものを揃えましょう